ブログ

ブログのテーマ(題材)の決め方!稼ぐためには何を書く?【必見】

つかだです!ブログ歴8年目、運送業をブログ集客で経営、ゲーム実況ブログ、ブログ教室の運営をしています。

 

ブログをやろうと思い立った時にまず考えるのが、

【ブログのテーマ(題材)】

ですね。

・何について書いたらいいんだろう?

・稼げるジャンルは何だろう?

・自分の強みを扱った方がいいかな?

・人より知識があることなんて無い…

悩めば悩むほどわからなくなって、せっかくやる気だったのに自信がなくなっちゃったりします。今回はこうした悩みを徹底的に解決します。

 

結論から言うと、「ジャンル」ではなく「扱う商品」で決めてください。

 

 

「稼ぎたい」という目的があってブログを始めるなら、商品からどんな記事を書くか決めていくのがベストです。商品からテーマを決めると…

・結果が出るまでがめちゃくちゃ早い

・信頼性と誠実性の高いブランディングができる

・おすすめしたい商品だけ紹介できる

と、いいことづくめです。

 

はじめに方向性を間違えてしまうと、いくら継続しても努力しても結果が出なくなってしまいます。最短距離で結果を出すためのテーマの決め方を学んでからスタートしましょう!

 

効率よく稼ぐことができるブログ設計図の作り方については、こちらの記事で詳しく解説したのでよかったら見てください→稼ぐブログの設計術!記事数少なく収入10倍を実現【2020年版】

 

【ジャンル】からテーマを決めた場合の失敗例

ジャンルからテーマを決めることは多いと思います。好きなことや、取り組んでいることをテーマにして、知っていることから記事を書いていく方法です。

 

例えば私のブログならジャンルを「ブログ」として、ブログに関することを記事にしていく流れです。とてもわかりやすいテーマの決め方ですね。

 

ただ、この方法でテーマを決めると稼ぐことが難しくなり、結果が出るまでの時間が長くなります。理由は2つ。

・商品をおすすめできるタイミングが出てくるまでマネタイズできない

・おすすめする商品を複数用意する必要がある

ジャンルをテーマにすると記事を書くことが目的になるので、意図的に商品を紹介するのが難しくなります。

 

また、記事ごとにペルソナが変わってしまいます。例えば「ブログ 始め方」で検索する人と、「ブログ リライト」で検索する人はまったく違うペルソナです。初心者と中級者ですね。ペルソナが違えば、紹介できる商品も変わってきます。

 

ペルソナも複数、商品も複数、アクセスをどこに流せばいいかわからない…。こんな感じでブログの構造が複雑化して、CVが下がり収益性が落ちます。

 

1つの大好きな商品を紹介し続けるのは誠実性や信頼を高められますが、複数商品を扱うことになると無理に商品をおすすめしたり、使ったことが無いものまで紹介しないとマネタイズできなくなります。

 

たくさんの商品を紹介しているブログを見たことがありませんか?明らかにアフィリエイト報酬を目当てに運営していて、何か購入しようとは思えなかったと思います。ブロガーやアフィリエイターの信用が低いのはこれが原因です。

 

おすすめしたくないものおすすめするようなブログ運営は本当につまらないです。挫折する原因にもなりますので、ジャンルからテーマを決めるのはおすすめしません。

 

【商品】からテーマを決めるとすべてがうまくいく!

最初に、心からおすすめできる商品を決めて、その商品を中心に記事を書いていくと、

・心からおすすめしたい商品だけを扱えます

・書くのは商品販売に関わる記事だけ

・良い商品だけ扱うので信用が高まります

良いことばっかりです!

 

ある1つの商品が好きで、どんな人に使って欲しいかまで明確で、商品のことをよくわかっていたら、読者さんも「あぁ、本気でおすすめしたいんだな」って理解してくれます。

 

その商品で解決できる悩みを記事で取り扱い、すべての記事が商品の紹介につながっている状態を作れば、無駄な記事を書かなくて済みます。

 

【重要】ブログの目的は「商品を販売すること」

ブログの収益が発生するのは、広告をクリックしてもらったり、その先で商品が購入された瞬間です。これ以外にはありません。

 

どんなにアクセスを集めても、検索上位に表示されても、商品購入や広告クリックにつながっていなければ収入は増えません。

 

例えば、1日1記事を1年続けて月間10万アクセス集まるようになったとしても、商品を紹介する記事にアクセスが流れていなくて1万円も稼げていないなんてことがよくあります。

 

記事を書くのは商品の紹介につなげるためです。ブログのPV数を増やしたり、ましてや記事数300を達成するためではありません。

 

書くことが無いのは良いことだ!

1つの商品を紹介するために必要な記事は意外と少ないです。20~50も書けば十分でしょう。10記事程度で終わってしまうこともあります。

 

商品紹介につながる記事を書けるだけ書いてもう書くことが無い状態になったら、それはやり切ったということなので良いことです。商品紹介につながらない記事はいくら書いても収入にはなりませんから、無理に記事を増やす必要はありません。

 

すべて書き終えたら、リライトやすでに書いた記事に有益な情報を追記することによって記事のクオリティを上げて、検索上位に表示されるようにしましょう。

 

商品テーマブログはSNSを最大限利用できる!

思いつく限りの記事を書ききったら、SEO以外からアクセスを集める工夫をしていきましょう。具体的にはTwitterやインスタグラムなどのSNSを利用して、ブログにアクセスを集めていきます。

 

あなたの紹介する商品があったら幸せになる人だけを集めて、固定ツイートなどでブログを紹介していきます。

 

この時、ジャンルからテーマを決めた場合はペルソナが定まりませんので、どんなツイートをすればフォロワーさんに有益なのかがわからなくなってしまいます。商品・記事・ペルソナ・ツイート等に一貫性を保つのが難しいんですよね。

 

紹介する商品が決まっていて、ブログも商品を必要とする人だけのために書いていれば、ペルソナがある程度絞られます。すると、あなたのツイートはすべてフォロワーさんにとって有益になるので、本物のファンがついてくるようになります。

 

商品からブログテーマを決めると、SNSでの発信力が高まり、結果ブログへのアクセスも増え、収益が大きくなります。

 

ガジェットについて語り、Wi-Fiについて語り、サーバーについて語ってる人よりも、ずーっとWi-Fiについて有益な情報を流し続けている人の方が「Wi-Fiならこの人」というブランドと信頼が生まれますよね。

 

1つの商品に集中すればブロガーという怪しさから解放され信頼度を高められる

本気で悩んでいるときに検索でブロガーの記事が出てくると「あ、これは宣伝のために書かれた記事だから参考にならないな」と思ったことはありませんか?ブロガーと呼ばれる職業はとにかく怪しく見えてしまうものです。

 

理由は、収益のために記事を書き、収益のために広告を貼り、収益のためにSNSをやっているように見えるからですね。

 

ちなみに、「収入を増やしたい!」という気持ちと、「この商品を困っている人におすすめしたい!」という気持ちは両立できます。ちゃんと両立できていると、商品を販売していても怪しいとは思われません。

 

具体的にやるべきことは、まず紹介する商品を大好きなもの1つだけに絞ってみてください。心からおすすめしたい商品だけを取り扱っていて、持てる限りの情報を発信して読者を助けていれば、怪しいとは思われづらくなります。

 

おすすめできなくなったら商品を変えれば良い!

時間が経てば別の商品を紹介すべき時が来ます。

・もっと良い商品が見つかった

・商品が時代に合わなくなってきた

・まったく関係の無い商品を扱いたくなった

・あまり売れなくなった

いろんな理由から取り扱うべき商品は変わるものです。そんな時は、思い切って商品を変えればOKです。

 

具体的には、収益記事のおすすめ商品を変えるだけで良い時もあります。新しいブログとSNSアカウントを作ってもいいですね。もちろん、同じブログで新しい2つ目の商品を取り扱ってもOKです。※2つ目の商品を取り扱う場合は、今までの活動との相性を考慮してください!

 

まとめ:ブログのテーマは商品から決めよう!

ブログを立ち上げるなら、商品から決めれば自然とテーマも決まります。ブロガーの仕事は商品を紹介することです。あなたが心からおすすめしたい商品が決まれば、その商品を販売することにつながる活動は何をしてもプラスになります!

 

逆に、作業をしても結果につながらない場合は、記事を増やすことが目的になっていないか、フォロワーを増やすことが目的になっていないか、紹介している商品をちゃんと愛せているかを考えれば改善することができます。

 

今回は以上です!