ブログの基本知識

ブログ運営の全体像【必読!】今から稼げるメディアミックス型運営

今回はブログ運営の全体像をお話しします。

ブログ運営とは言ったものの、結局はビジネスなので、個人でできるビジネスの基本形を解説していきます。

 

この記事を読んでいただくと、

・どこに力を入れれば楽しく仕事できるかがわかる

・稼ぐために何から始めればいいのかがわかる

・結果が出る正しい努力の方法がわかる

と、ブログやビジネスをこれから始める方が迷わないように、行動指針を示しておきました。

 

結論から言うと、

【コンテンツファースト×メディアミックス】

これを合言葉にしつつ、良いコンテンツが生まれる原動力となる、

【実践×挑戦×実験=努力】

という方程式を覚えておくとビジネスが自然に上手くいくきっかけになるはずです。

 

流れとしては、

・商品を用意しておく

・あなたが身を置く業界で【努力】する

・努力の過程と結果を【コンテンツ】にする

・コンテンツをブログなどの【メディア】で発信する

・売れる

という感じです。これだけでもイメージつかめる方は多いのではないでしょうか?

 

文章読むのが面倒な方は以下の動画をご覧ください↓

ブログの正しい使い方【ビジネスの全体像】

まずは上の図をご覧ください。この図は、

【コンテンツファースト×メディアミックス】

を表しています。これを使って、ブログの話に入る前に、ビジネスの全体像を把握しておくと、あなたがこれから何に力を入れたらよいのかがわかるはずです。

 

合言葉は【コンテンツファースト×メディアミックス】

真ん中の「メイン」と書いてある部分は、あなたがブログのテーマにすることです。

やりたいことや好きなこと、今一番はまっている熱のあるものを選ぶと良いですね。

メインの活動から誰かが喜ぶ良いコンテンツを生み出すことを最優先に活動することを【コンテンツファースト】と呼びます。

そして、ある1つのコンテンツを、様々なメディアで発信することを【メディアミックス】と呼びます。

この2つを使って、集客力を高めながらあなたのビジネスを発展させていくのが全体的な動きになります。それぞれ詳しく解説します。

 

コンテンツファーストとは

メインの活動を頑張っていると、誰かに教えたら喜んでくれそうな情報や結果が出てきます。これを【コンテンツ】と呼びます。

ポイントは、「誰かが喜んでくれそうな」という部分です。他人が興味を持つような情報や経験・知識を得ることができたら、それは「良いコンテンツ」と呼ぶことができます。

ビジネスは他人が喜ぶことをするのが基本です。人が望んでいることや、予想もしなかった嬉しいものを用意することができれば、集客も商品販売も思うがままに上手くいきます。

 

最近は、「記事数が少ないから稼げていない」とか「継続が大事」という話をブロガー界隈で良く聞きますね。無駄とは言いませんが、少しずれています。

「記事数」とか「継続」というのは自分自身の話です。内容が良くなければ、誰も見向きもしてくれません。

 

誰かが喜ぶようなコンテンツを作ることを最優先に活動することが【コンテンツファースト】です。

コンテンツファーストで活動するには、ブログ自体に力を入れるのではなく、テーマにしたメインの活動に力を入れる必要があります。

他人の代わりに「努力する」ことで、みんなが求めている情報・経験・知識を獲得することを優先します。そして、ブログなどのメディアを使って発信すれば、多くの人が興味を持ってあなたに接してくれるはずです。

 

メディアミックスとは?

1つのコンテンツを様々なメディアで発信することを【メディアミックス】と呼びます。言葉は難しそうですが、シンプルにいろんな場所で1つの同じコンテンツを出していく方法と考えてください。

 

例えば、「これからの時代はコンテンツファースト×メディアミックスが大事で、ブログは二の次だと長く稼げることがわかったよ」というコンテンツがあったとして、これをブログに書き、Twitterに上げて、YouTubeに動画を上げます。

これがメディアミックスです。

 

色々作業が大変なのでコンテンツが悪いと労力の分、逆効果になります。中途半端なコンテンツを拡散しても誰も見向きもしてくれないからです。

つまり、メディアミックスをやるならコンテンツファーストが基本ということです。

合言葉は【コンテンツファースト×メディアミックス】と覚えてください。

 

それぞれのメディアで完結するのが理想

メディアミックスのよくある間違いとしては、「ブログを書いて、そのURLをTwitterで公開して終わり」というやり方です。

これはつまるところ、Twitterからブログへ移動してくれる人限定でコンテンツを提供するよ、と言っているのと同じです。

 

YouTubeの動画で「ブログ書いたので、概要欄からリンクをクリックして見てください!ばいばい!」という内容はありえませんよね?(笑)

YouTubeからブログの場合は明確に【面倒さ】がわかるのでそんなことをする人はいませんが、Twitterからブログの場合は「それくらいやってくれるだろう」という感じが無意識に働いてしまいます。

 

【メディア間の移動は、物好きしかしない。】

くらいに覚えておくと良いと思います(笑)だから、1つのメディアで集客・販売までを完結できるのが理想です。

ただし、長い文章を読んでもらう必要がある場合は、Twitterからブログへ移動していただく必要もありますから、臨機応変に対応してください。

 

ブログが担当するのはほんの一部でしかない

「これからブログで稼ぐぞっ!」と考えている方はいったんストップです。ブログはただの発信ツールであり、稼ぐための核となる部分は備えていません。

 

また、発信ツールも他にたくさんあり、

・Twitter

・インスタグラム

・Facebook←やった方がいい

・YouTube

などなど、たくさんの発信ツールがあります。

 

どこかで「ブログは300記事書くと毎月10万円稼げるようになる」とか聞いたことありませんか?あれはほぼほぼに近いです。

あなたが良いコンテンツを持っていなければ、1000記事書こうと稼げるようにはなりません。

 

大事なのは、メインとなる活動です。

そこで努力をして、他人が喜ぶ良いコンテンツを作ることができれば、ブログ記事は20記事もあれば面白い読み物として集客機能を発揮してくれます。これが稼ぐための核です。

ブログは稼ぐ要素としては、全体の一部を担っているだけです。過度な期待はせずに、メイン活動にコンテンツファーストで挑む時間を増やしてください。

 

ブログのメリット・デメリットを把握しよう!

とは言ったものの、ビジネスやるならブログをやらない手は無いです。Google検索はいまだにネットで覇権を握っているので、これを無視するのはあまりにも無謀です。

ここではブログを使うことのメリットとデメリット把握していただき、ブログをあなたの活動の発信ツールとして、どのような位置づけをすればよいか解説します。

 

ブログのメリット

ブログのメリットは以下です。

・音声が使えない環境での利用

・検索でピンポイント解決

・長文でしっかり解説できる

ひとつずつ解説します。

 

音声が使えない場所での利用

YouTubeやVoicyなどの音声が必要な環境との棲み分けが可能です。

長文になるなら、本当は音声の方が最後まで内容を確認してもらえますが、周りに人が多かったり、イヤホンを持ち合わせていなかったりする環境では、ブログ記事をGoogle検索で探すことになります。

 

検索でピンポイント解決

急いでいる時には、動画ではなく文章を探しますよね。

動画はどこで自分が知りたい情報が語られるのかがわかりません。再生時間のタブを動かして、少しずつ確かめる必要があるので時間がかかります。

その点ブログなら、目次を見たり、バババっと下へスクロールして全体を瞬時に確認することができ、狙った情報が書かれている箇所を動画よりも早く見つけることができます。

また、Twitterなどの短文SNSよりも情報が網羅されているので、検索1~3位あたりを見れば、だいたい解決できるというのが強みですね。

 

長文でしっかり解説できる

ブログは、エンタメ性が少なくても読まれやすいメディアです。真面目が重宝される世界。

つまり、まじめにしっかり長文で解説してもOKです。そのおかげで読者さんとの信頼関係が生まれやすく、 商品の販売につなげやすいというメリットがあります。

 

ブログのデメリット

ブログのデメリットは以下です。

・ファンやフォロワー向きじゃない

・効果が出るまで時間がかかる

 

ファンやフォロワー向きじゃない

あなたが憧れているような人のブログって見ますか?あんまり見る人多く無いと思うんです。TwitterとかYouTubeを見てる場合が多いですよね。

ファンやフォロワーになってくれた方は「悩みごとは無いけど、あなたとの距離を縮めたい&話したい」と思っています。

具体的に言えば、Twitterでリプライをしていいねをもらったり、YouTubeでコメントして返信をもらったりすることに価値を感じるのです。

 

悩みごとに対する本気のブログ記事を読むのは、検索からブログに入ってきた新規の読者さんが多くなります。

この点は頭に入れておくべきですね。ファン向けに作ってはいけません。

 

効果が出るまで時間がかかる

これはものすごいデメリットです。私もブログを立ち上げるときは泣きながら記事を書きます(笑)

1つの記事を書いて、検索で正当な評価を受けるのは3か月後と言われています。

 

稼いでいるブロガーさんの話を聞くと「3か月で挫折して、4か月目に結果がでて盛り返した」という流れがとても多いことにお気づきでしょうか?

つまり、2か月頑張ったけどまったく結果が出なくて挫折→3か月経ったあたりで記事が検索に正当評価を受けアクセス集める→ASPから報酬メールが届きモチベーション持ち直す、という感じです。

 

結果が出るまで時間がかかりますので、気長にやりましょう。というか、ブログがメインでは無い方がほとんどなはずなので、メインの活動に力を入れてコンテンツを練りましょう。

※私はメインの活動が「ブログ」で発信する内容が「ブログ」なので、記事を書く努力が必要なケースが多いですが、マネする必要はありません。

 

記事数にこだわらず、メインの活動にこだわろう

何となくビジネスの全体像がお分かりいただけたでしょうか?

一番言いたいことは、

メインの活動に力を入れて、良いコンテンツを作ろう

ということ。コンテンツファーストで行きましょう!

良いコンテンツができたら、メディアミックスでブログだけでなくいろんなSNS・動画投稿サイトで発信していけばOKです。

 

特に記事数勝負にならないように注意してください。今までの経験があって書けることが多いならその分書いてもいいですが、あくまでも喜ばれるコンテンツがあるうちだけ記事を書いて、無くなったらメインの活動に力を入れましょう。

ブログを書くには時間がかかります。本気で書いたら時間だけでなく、体力や精神力も使います。毎日やるべきことではありません。記事を書くこと自体は、メインの活動における成長にもつながっていないことがほとんどです。

 

ただし、ブログをやるとなったら手を抜かずにやりましょう。良いコンテンツのネタができて、ブログを書くことになったら、読みやすく・面白く・誰かが喜んでくれるように記事を書いてください。

じゃないと、アクセスも集まらないし、やった分だけ時間と労力を損します。

依存はせずに、やるなら本気で手を抜かずに!ということで今回は以上です。

→トップページ(カリキュラム一覧)に戻る