WordPressの使い方

XMLサイトマップの送信をWordPressで設定する方法

今回は、XMLサイトマップをWordPressに設定していきます。プラグインで簡単に設定できます。記事を書く前に必ずやっておいてください。

「Google XML sitemap」というプラグインを入れると自動的にXMLサイトマップがサーバー内に作成されるようになります。XMLサイトマップの置き場所をGoogleサーチコンソールに教えてあげれば終了です。

難しい作業ではないのでマネしてやってみてください。※1度しかやらない作業なので覚える必要はありません!

 

XMLサイトマップとは?

Googleに「私のサイトは今こんな状態だよ!」と知らせるデータのことです。記事の追加をしたり、ページを更新したときなど、サイトの構造をGoogleに知ってもらうために設定します。

WordPressにプラグインを入れることで自動的に送信してくれるように設定できますので、この記事ではプラグインの使い方をご説明していきたいと思います。

 

XMLサイトマップの設定方法

WordPress管理画面の左側のメニューから「プラグイン」→「新規追加」を選択してください。

 

検索窓に「Google XML sitemap」と入力して検索

 

「今すぐインストール」をクリック

しばらくすると「有効化」というボタンに変わるので、そちらをクリックしてください。

 

 

管理画面左メニューの「設定」→「Google XML sitemap」

Google XML sitemapの設定画面が表示されます。

 

 

1行目の「sitemap.xml」をコピーする

コピーできたらサーチコンソールに移動してください

 

メニューから「サイトマップ」を選択

URLの続きに「sitemap.xml」を記入して「送信」をクリックしてください

 

これでXMLサイトマップの設定は完了です。お疲れさまでした!

→トップページ(カリキュラム一覧)に戻る