記事の書き方

競合調査でブログ記事を最速5分で肉付けする方法

記事を書いていて疑問になるのが「競合調査どこまでやるの?」という問題ですね。徹底的にやらないと上位なんか取れない!的な考えに陥りやすいですが、結論を言えば現状だと上位3つの記事を確認すればOKです。

今回は時間をかけすぎず、効果十分な競合調査の方法をご説明していきます。

何を隠そう、私が競合調査しすぎで記事書くのに3日もかけていた時期がありましてそこから改善したので、ちょうどいい競合調査の方法をお伝えできると思います(笑)

自分の知識と経験だけではキーワードに隠れた悩みを全て解決することができないのが普通です。悩みを取りこぼしてしまっては現在上位表示されている記事よりも良い記事を書くことはできません。

なので今上位に表示されている競合の記事を見て足りない部分の確認をしていきましょう。それが競合調査です。

※ちなみに文章をまるごとコピーしたりまったく同じ内容を書くとペナルティを食らうので絶対やっちゃダメです。

まずは競合調査をしながら見出しを作り切ってしまいましょう。本文はまだ書きません。まだ見出しの書き方を学んでいない方はこちらを先に読んでください→https://min-blo.com/?p=2054

検索上位3つのブログ記事を読んで、見出しに足りない情報を肉付けしよう

さっそくやり方をご説明します。

まずは対策するキーワードで実際に検索してみてください。GoogleでOKです。検索結果が表示されたら上位3記事でいいので開いてみましょう。

※ちなみにこの時点で検索1ページ目が競合が企業ホームページや商品ページばかりならそのキーワードで記事を書くのは諦めてください。ブログ記事が上位10位内にあればその記事を表示させます。3つでOKです。

 

記事を表示したら【もくじ】を見てください。あなたが前回までに書いた見出しには無い新しい情報があれば見出しを追加しましょう。見出しの文章は後で変えればいいので内容がわかるようにどんどん写します。

この時点では内容を選ばないでください。あとで選り分ければいいので足りない項目はとりあえず集めておきましょう。

 

競合の記事が強く、レベル差が激しい場合

競合を調べた時に「あー…こんなにすごい記事書けないよ…」って思ってしまうことがあります。

そんな時はとりあえず後回しにして別の記事を書きましょう。アクセスが集まるようになって、記事の書き方にも慣れてきてから書けばいいと思います。

検索数の多いキーワードほど競合が強い傾向にあります。例えば「ブログ 始め方」というキーワードで検索すると、上位の記事は1万文字以上で画像たっぷり。同じ記事を書く意味があるのか?という疑問さえ湧いてきます(笑)

競合が強すぎるキーワードはエクセルなどに「後で書く」という項目を作ってまとめておくといいです。

 

ただし、検索順位を気にしないのであれば書いてしまってもいいと思います。自分が書いた他の記事から内部リンクでたどってもらえば読んでもらうことができます。

あなたのブログのファンなら、検索順位に関係なくあなたの記事を読みたいはずなのでとりあえず書いておくのもお勧めです。

 

不要な情報を取り除く

見出しを集め終えたら不要な部分を削除しましょう。キーワードに隠れた悩みとは離れすぎている情報は取り除いて、重要な部分だけ残すようにしましょう。

無駄な内容は書かない方が読者さんも読みやすく、最後まで読んでもらえれば検索順位も上がっていきます。

また、他のキーワードで書くことになりそうな内容はその記事で書かなくてもOKです。別の記事を書いて「こちらの記事を参考にしてください」と内部リンクで紹介するようにしましょう。

あくまでもキーワードに対する記事を書くということを徹底してください。

 

足りない知識は学ぼう

見出しが整ったら本文を書く工程に入りますが、その前に「この見出しは書ける自信がないな…」と感じた部分は学びましょう。

学ぶ=実践・挑戦・実験=努力

ということで、本で学ぶだけでなく実際にやってみることが大事です。そうすることで経験が積み重なり体験談も豊富になっていきます。

 

また、必要なコストはかけた方がいいです。よくあるのはアフィリエイト記事を書くのに商品について詳しくない状態からどうするか?という問題ですね。

簡単なことで、商品を買って使ってみればいいだけです。

商品を使うにはお金がかかりますがそこは必要なコストです。ブログの運営はお金がかかりませんがそこだけはしっかりコストをかけて経験を積んで記事を書くようにしましょう。

 

…と言うと「そんな時間あったら記事を増やしたい」という気持ちになります。

しかし、記事を書くこと自体があなたの仕事ではありません。商品の詳細やサービスのメリットデメリットを伝えることがあなたの仕事です。ブログはそれを伝えるためのただのツール。

だから、経験や体験を積むことに集中するのがブログで稼ぐコツになります。知識の無い状態で記事を書くくらいなら、商品を買って使ってみる時間を増やす方が圧倒的に利益に繋がりますよ!

 

まとめ

競合調査は上位3つのブログ記事だけでOKです。下位のページを見ても同じことが書いてあるだけなので時間の無駄になってしまいます。

見出しをとことん増やして、キーワードと照らし合わせて間引く。この作業を通せばあなたの記事はぐっと内容が濃くなります。

見出しに対して内容を書くことができなそうだと感じたら学ぶ工程を追加してください。これで記事本文を書く準備が整います!

今回は以上です、お疲れさまでした!

→トップページ(カリキュラム一覧)に戻る