記事の書き方

WordPressで画像を挿入する方法!見出しごとに入れる画像の基本

記事の見出しごとに画像が入っているととても読みやすいですよね。私は最低でも見出しごとに画像を入れるというルールで記事を書いています。たとえあまり意味の無い画像であっても挿絵程度に画像が入っていると読みやすくなるからです。

ということで、今回はWordPressで記事に画像を入れる方法を説明します。やり方がわからない場合はこの記事を参考にしてください。

投稿ページで画像を入れる方法

ブログの記事に画像を挿入する方法を説明します。ブログ記事は画像を入れると読みやすくなります。大見出し(h2)に1つくらいは画像を入れていきたいですね。

 

基本的な画像挿入方法

一番簡単なのは場所を指定して「メディア」に写真をアップロードしすぐに使う方法です。まずは画像を使いたい場所にカーソルを合わせてください。

 

「メディアを追加」をクリックします。

 

「ファイルをアップロード」をクリックし、「ファイルを選択」をクリックします。

 

挿入したい画像を選択し「開く」をクリックします。

 

「配置」は「中央」を選択し、「サイズ」はまずは「大サイズ」を選択してみましょう。最後に「投稿に挿入」をクリックしたら画像が挿入されます。

 

画像の設定項目

ここからは画像設定の詳しい方法をご説明します。画像を追加する際に設定する場所は以下の8か所があります。

・代替テキスト
・タイトル
・キャプション
・説明
・配置
・リンク先
・URL
・サイズ

全て設定する必要はありません。簡単に説明していきます。

 

代替テキスト

代替テキストは必ず書くようにしてください。画像にどんな意味があるのかを設定します。

画像の内容をテキストにすることで、Googleさんが画像の内容を把握=SEO評価されるようになるので検索順位にも影響が出ます。

特に画像での説明がメインの場合は代替テキストが無いとGoogleに内容が伝わらないのでしっかり記入しましょう。

 

タイトル

画像にタイトルをつけるとGoogle画像検索にかかるようになります。画像検索からのアクセス流入は馬鹿にできません。

画像を使わずにブログ記事を書いている人もまだまだ多い中、画像にタイトルをつけておけば画像検索で参考になった画像から記事へアクセスしてくれる人もいることが予想できますよね?

画像にはできるだけタイトルをつけておくようにしましょう。

 

キャプション

画像の下部にテキストを入れたい場合にキャプションを使います。記事に表示されるのでご注意ください。

 

説明

自分用のメモみたいなものです。記入する必要はありませんが、忘れないようにしたいことを書いておくといいですね。私は全く使ってません。

 

配置

配置は基本「中央」でOKです。ただし、画像を左右どちらかに寄せて配置したい場合は「左」や「右」を選んでください。

例えば画像を左に寄せて、右に文字を打ち込みたい場合には「左」を使ったりします。ただ最近はスマホで記事を読む方が増えているのでこの方法もほとんど使われなくなりましたね。

画像の配置がおかしいな?と思ったら「中央」に戻すと直ったりしますので覚えておいてください。

 

リンク先

ただの画像の場合は「なし」で大丈夫です。

画像をクリックしたときに違うページに飛んで欲しい場合は「カスタムURL」を選択してリンク先を設定します。

その他はファイルをダウンロードしてもらったり、画像単独で表示させるページにリンクしたりします。…がほとんど使わないので無視で大丈夫です。

 

サイズ

サイズはドロップダウンから大きさを選んでください。基本的には「大サイズ」で枠いっぱいになりますが、PC画面で小さく表示されてしまう場合はフルサイズに変更したり画像自体のサイズを変えてください。

「サムネイル」を選ぶと小さな正方形の画像に変わります。

 

スマホで撮影→メディアにアップロードが楽

写真を使う場合、スマホからPCに画像を移動してさらにWordPressにアップロードするという流れで作業する方が多いです。でも、面倒ですよね?(笑)

なので、スマホで撮影した写真はスマホからWordPressにログインしてそのままスマホからメディアにアップロードしましょう。あとで記事を書くときに使えるようにしておくと楽です。

 

画像の切り取り編集はWordPress上でできる

画像を切り取り編集したい場合は「トリミング」を使いましょう。※一度編集するとアップロードした写真が編集されます。元の画像が残らないのでご注意!

追加したい画像を選択して「画像を編集」を選んでください。

 

「トリミング」をクリックします。

 

白い四角を動かして切り取りたい形にセットし、もう一度「トリミング」をクリック。

「保存」をクリックすれば切り取り完了です。

 

画像にリンクを入れる方法

上でご説明したように画像を挿入する際にリンクを貼ることが可能ですが、画像を挿入した後でもリンクを貼ることが可能です。

まずは挿入した画像をクリックして選択し、「リンクの挿入/編集」ボタンをクリックします。

 

歯車のマークをクリックします。

 

URLにリンク先のアドレスを入れます。新しいタブでリンク先のページを開く場合はチェックボックスにチェックを入れてください。

「リンク追加」をクリックして完了です。

 

画像を削除する方法

画像を削除するには、画像をクリックして選択した後、「Back Space」か「Delete」キーを押してください。

 

おすすめの無料画像サイト

ここからはブログに使えるおすすめの画像サイトをご紹介しておきます。挿入する画像に困ったら無料サイトから持ってきて貼るだけでも読みやすさが違いますよ。

 

unsplash

https://unsplash.com/

リアルの写真が多いです。無料で使えます。私が一番愛用しているサイトです。

英語なので使いにくい場合もあるかもしれませんが、Google翻訳などを使って単語で検索をかけてください。クオリティの高い画像がたくさん見つかりますよ!

 

PhotoPin

http://photopin.com/

こちらは質を気にしなければ大量に画像が見つかるサイトです。ただ、ネット上から著作権的にフリーな画像を持ってきて何でもかんでも使える状態になっている気がします(笑)

画像の持ち主に「使うのやめて」って言われたらすぐに使うのをやめましょう。私は今のところ何か言われたことはありませんがあまり使わないようにしています(笑)

 

写真AC

https://www.photo-ac.com/

日本のサイトです。無料でダウンロードできる画像に制限がありますが、それでもこの量と質で無料ならありがたいですね。

 

画像の編集はCanvaを使うとキレイにできる

最後に、画像にテキストを入れたり装飾をする場合に便利なCanvaというサイトをご紹介しておきます→Canva

レイヤーを使った編集がネット上でできるという点が素晴らしい。こちらも無料で利用できます。

YouTubeサムネイルというテンプレートを使って、利用したい写真をアップロードして編集してください。詳しい使い方は後で記事を書きたいと思いますのでお待ちください!

 

まとめ

画像は見出しごとに入れるくらいがちょうどいいです。画像自体に意味が無くても少し入れておくだけで読みやすくなります。

画像自体に情報が多い場合は代替テキストを入力しておくとSEO的にプラスになります。

オリジナルの画像が少ないならおすすめの無料画像サイトを利用してみてください。

今回は以上です、お疲れさまでした!

→トップページ(カリキュラム一覧)に戻る