記事の書き方

ブログ記事を公開する前に必ずやるべき4つの作業

「よし、書き終えたぞ!」→公開ボタンぽちっ。ではいけません!(笑)

カテゴリーやアイキャッチ画像、読み返して誤字脱字の修正など最後にやるべき重要な作業が残っています!

…まぁすごく面倒ですよね。ここまで書いたのにまだやらなきゃいけないなんて。でも、慣れるとどうってことないのでぜひ最後までやり抜いてください。

この記事を読んでいただくと、記事公開直前にやるべきことがわかります。当たり前のことがほとんどなのですでに理解されている方は飛ばして結構です。

記事を公開する前にやるべきこと一覧

記事を公開する前に必ずやるべきことは以下です。

・カテゴリーの指定
・アイキャッチ画像の用意
・公開と非公開の設定
・必ず読み直す

書き終わってすぐに公開すると意外とミスが多いのでしっかり設定を確認してから公開しましょう。ひとつずつ説明します。

 

カテゴリーの指定

カテゴリーとは記事を分類して入れておく箱のようなものだと考えてください。記事の内容によって入れる箱を用意しておきます。例えばこの記事は「記事の公開の仕方」を書いた記事でカテゴリーは「記事の書き方」とメインカリキュラムの1つなので「カリキュラム」に入っています。

このようにカテゴリーは複数指定できます。

カテゴリーを新しく作るには「新規カテゴリーを追加」をクリックして、カテゴリー名を入力し、再度もうひとつの「新規カテゴリーを追加」ボタンをクリックしてください。

作成したカテゴリーにチェックを入れて完了です。

 

アイキャッチ画像の用意

アイキャッチ画像とはブログ記事一覧などに表示される画像のことを指します。記事の顔とも言うべき部分です。必ずアイキャッチ画像を用意して設定しましょう。

「アイキャッチ画像を設定」をクリックしてください。

投稿ページに画像を挿入する時と同じように画像をアップロードして選択します。詳しくはこちらの記事を確認してください→見出しに画像を入れよう

以上で完了です。

 

公開と非公開の設定

記事が未完成の場合は非公開の状態で保存しておくことができます。

「公開状態」の項目の「編集」をクリックしてください。

「非公開」を選択してOKをクリック。

あとは更新、または公開をクリックすれば非公開の状態で保存できます。

公開する場合も同じ手順です。

 

必ず読み直す【誤字脱字の確認】

できた記事は必ず読み直してください。序盤で誤字や脱字が多いと読むのをやめてしまう読者さんがたくさんいます。検索順位に影響ができますので誤字や脱字は修正しましょう。

また、読みにくい箇所や内容がわかりにくい箇所は徹底的に修正します。意外と読み直すとわかりづらい部分がたくさん出てくるものです。

必ず読み直してください!

 

まとめ

ひと手間書けるだけで結果は大きく変わります。最低限、カテゴリーの設定とアイキャッチ画像の設定だけはやってください。

ディスクリプションなどを設定するとクリック率が上がると言われていますが、記事を公開するまでの時間が長くなります。ストレスが大きい場合は飛ばしてもOKです。タイトルがうまくできていれば大丈夫です。

今回は以上です、お疲れさまでした!

→トップページ(カリキュラム一覧)に戻る