収益記事の書き方

収益を生み出す記事の書き方【収益記事テンプレ】でサクサク書ける!

紹介する商品が決まったらアフィリエイト記事を書きましょう!…と言って書けるなら苦労はしませんね(笑)何を書けばいいのか、どう書けばいいのかわからないのが普通です。

そこで今回は収益になる記事、その名も【収益記事】の書き方テンプレートをご紹介したいと思います。

私の記事もこのテンプレートに沿って書いているのでぜひ使ってみてください。作成した商品リストの中から商品を選び、このテンプレートに沿って書けば収益が発生する記事を書くことができるはずです。

収益が発生する記事を書くことが収入への近道

収入が伸びなかった時期は役に立つ記事ばかり書いてました。当たり前ですが役に立つ記事は収益が発生する記事とは別物だったんですよね。ブログを始めたばかりの頃は間違いやすいポイントです。

収益が発生する記事を積極的に書くようになってから収入が増え始めました。とはいっても収益記事の書き方&テンプレを知っているだけで成約率があがり報酬が増えますから難しくはありません。

収益記事の書き方を覚えるとコピーライティングの基本も学べるのでぜひしっかり覚えていってください。

 

収益記事を書き始める前の準備

文章を書くときに注意すべきなのは、「どう書くか」よりも「何を書くか」です。何を書くかが決まっていない状態で書き始めると着地点がわからなくなり最後まで書けなかったり、時間がかかりすぎたりします。

まずは準備を徹底的にやっていきましょう。

 

その商品の良いところや、解決できる悩みをリストアップ

商品の良いところや、解決できる悩みを全てリストアップしましょう。自分で使ってみて感じたことも含めてできるだけ多く書き出すといいです。最低でも10個、できれば20個見つけたいですね。

商品の売りをリストアップしておけばいちいち考える必要がなくなって効率も上がるし、忘れることもなくなります。

 

ブログ読者にとって一番価値が大きい売りを見つけよう

商品の良いところがリストアップできたら、その中であなたのブログの読者にとって価値が大きいものを3つに絞り込んでください。

商品の価値は、「商品xターゲット」で決まります。ターゲットによって魅力を感じる部分は違ってきますから、あなたのブログの読者のことをよく考えてどの売りが魅力的かを考えていきましょう。

 

・収益記事のテンプレート

ここまで決めておけば後はテンプレートに沿って記事を書くだけです。

・前書き
・結論と紹介
・デメリット
・メリット
・他社比較
・購入手順
・感想、Q&A
・商品リンク
・後押し

この流れで書いていきます。ひとつずつ説明していきます。

 

前書きは普通の記事と同じ

前書きは普通の記事と同じで良いと思います。

まずは読者の悩みを代弁します。準備で決めた商品の売りを出すようにしてください。後は記事を読んだ後に得られる結果と、その結果をあなたが提供できる根拠ですね。

商品名をキーワードに使っていると思いますので直球で大丈夫です。「〇〇を購入しようか迷っている方に使用感をレビューします」という感じです。

前書きの書き方についてはこちらを参考にしてください→前書きの書き方【テンプレ】

 

結論・おすすめするものを紹介

前書きが終わったらいきなり結論から入ってください。

「○○はおすすめ!【悪いところ】というデメリットはありますが、【良いところ】が素晴らしくデメリットを考慮しても購入すべきです。」

という感じで、記事全体のまとめをサクッと書いてしまいましょう。

他の部分を書いた後、最後に書いてもいいです。まとめの部分を先に持ってきて結論を話してしまうことで読者がサクサク読める状態を作ります。

 

デメリット

商品の悪いところもちゃんと書きましょう。信憑性が高くなりますし、あなたの信用にも関わります。もちろん、デメリットが無いなら書かなくてもOKです。わざと悪く言う必要はありませんが感じたことは書いておくべきです。

もちろん、次のメリットでくつがえすことが前提ですね。

また、デメリットはメリットよりも先に書くほうが良いです。最後にメリットで終わる方が印象が良くなります。

 

メリット

デメリットを吹き飛ばすようなメリットを書きましょう。その商品をおすすめするわけですから、デメリットを超える大きなメリットがあるはずです。

ここで書くべきことは先ほどの準備でターゲットにとって一番大きな価値になりそうな売りから選んでください。できるだけ絞ってひとつの売りを魅力的に書きましょう。

その他のメリットは一通り大きな価値の部分を書き終えた後にまとめておく程度でOKです。

 

他社比較

比較できるものがあれば他の製品やサービスと比較しましょう。比べるものがあると読者は安心して商品を購入することができます。

※他社の商品を良く知らない場合は無理に比較を作る必要はありません。嘘や適当なことを書くよりも、何も言わない方が信用できます。

 

購入⇒利用までの手順

どう申し込んで、どう購入して、どう受け取って、どう使うという詳しい手順があると読者さんもイメージしやすくなり、不安が小さくなります。写真や画像を利用してできるだけ詳しく説明してください。

もし、複数の方法があるなら一番簡単な方法を選んで解説してください。人は簡単で楽なものに興味を持ちます。できるだけ楽な方法を見つけて解説してあげましょう。

 

感想&Q&A

もしあれば第三者の感想を取り入れましょう。その商品に関連する専門家の声があればいいですね。Twitterで言及されていたら利用させてもらいましょう。

また、Amazonや楽天でQ&Aががあれば掲載しましょう。不安が小さくなります。

 

商品リンク

アフィリエイトリンクを貼って商品の販売ページへ誘導します。場合に寄りますが広告画像はあまり使わない方がいいかもしれません。広告臭さが強いものが多すぎて嫌がられます(笑)できるだけテキストと自分で用意した画像を使いましょう。

テキストリンクは青色で表示させるとクリック率が上がりと言われています。みんな「青はリンク」と認識しているので文字色は変えずに青を使いましょう。

 

後押し

ここまで来ても、

「買いたいけど、なんとなく不安だな…」

これがお客さんの気持ちです。損をする理由はほとんど無いとしてもなんとなくお金を使うのが怖いんですよね。

もし、あなたが商品を本気でおすすめできるのであれば、あなたも勇気を出しておすすめしてください。購入した方が読者さんは幸せになる、と思うのであれば強くおすすめしましょう。

つまり、それくらいに良い商品を選ぶ方が重要ということでもあります。適当な商品を選んでいたら本気になれませんから良い商品を紹介してくださいね。

 

今回は以上です、お疲れさまでした!

→トップページ(カリキュラム一覧)に戻る