リライトとアクセスUP

タイトルを修正をしよう!アクセスを取りこぼしている記事の見つけ方

記事タイトルの良し悪しの判断って自分ではわからないですよね。私もどこの数字を見て修正すべきかを決めればいいのかがブログを始めた当初わかりませんでした。

Googleコンソールの数字から判断する方法がわかってからは、試行錯誤ができるようになりました。試行錯誤ができるようになってからはタイトルのつけ方のスキルがググっと向上しましたね。

具体的には、上位表示されているのにクリックされない記事のタイトルを修正して、さらにアクセスを集めるという流れです。実際にやってみましょう。

検索順位ごとの平均クリック率

Googleの検索順位は、それぞれ平均クリック率が計測されていて以下のようになっています。

1位 21.20%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.64%
※2017年 INTERNET MARKETING NINJA調べ

平均クリック率は調べる会社によってだいぶ変わりますが、上記の表は全体的に低めです。ざっくりこんなものだと思ってください。※覚える必要はありません。

 

クリック率の低いタイトルを修正しよう

まずはGoogleコンソールに移動してください→https://search.google.com/search-console/

 

検索パフォーマンス→「平均CTR」「平均掲載順位」をクリック

 

「掲載順位」でソート

 

「CTR」欄を見て数値が低いものはタイトルが悪い可能性あり!

 

タイトルの修正方法

クリック率が低い記事が見つかったらタイトルを修正していきましょう。具体的には以下のような対策があります。

・疑問形のタイトルに変える
・強い言葉を使う
・具体的な数字を入れる
・キーワードに寄り添ったタイトルに変える

ひとつずつ説明していきます。

ちなみに、やれば確実にクリック率が上がるということではありません。変更してテストを繰り返し最適なものを見つけてください!

 

疑問形のタイトルに変える

読者の心情に寄り添った形にタイトルを変えます。「〇〇する方法」というタイトルであれば「〇〇する方法とは?」などに変えてみましょう。

読者の目線に合わせることでクリック率は向上します。

 

強い言葉を使う

例えば「〇〇する一番簡単な方法」。これは「一番簡単な」の部分が強い言葉にあたります。

他にも、

・圧倒的
・劇的
・【保存版】
・ガラッと(変わる)
・超
・一発で
・最短
・最速
・らくらく

などなど、まだいっぱいあると思いますが装飾する強い言葉を入れることでクリック率が向上する場合があります。

逆に、一般的に使われる知識の場合は強い言葉を使わない方がいいこともあります。「玉ねぎを一発で圧倒的においしく切る方法」みたいな、ちょっと怪しいですよね(笑)※もしかしたら、このタイトルの方がクリック率高いかもしれませんが…

多くの人は「玉ねぎの切り方10種」とかの方が信用できるはずです。

使い分けが肝心ですが、考えても仕方ないので変更してテストして最適を見つけてください。

 

具体的な数字を入れる

先ほどの「玉ねぎの切り方10種」が良い例ですが数字を入れると具体性が増します。積極的に数字を入れていきましょう。

ただし、数字が大きいと良いというわけではありません。たまに「おすすめヘッドホン12種」などの記事を見かけますが、12種もあったらおすすめできていないも同然です(笑)こういう場合は「新型ヘッドホン12種比較+おすすめ2種!」の方が見たくなりますよね?

数字は使ったほうがいいですが、使い方が肝心…難しく考えずにテストしてくださいね(笑)

 

キーワードに寄り添ったタイトルに変える

稀にキーワードとタイトルがずれてしまっている場合があります。読者の悩みに直結しているタイトルに修正しましょう。

特に、読者が「自分に関係があるな」と思うようなタイトルに変えるとクリック率は劇的に上がります。あなたに関係があるんだよ!と伝えるならどんな言葉を最初に使うかを考えてみてください。

 

今回は以上です。タイトルを変更したらエクセルなどに記録しておきましょう。1か月程度で変化を確認してクリック率が向上しているならそのまま、ダメなら戻すなどの対応をしてください。

お疲れさまでした!

→トップページ(カリキュラム一覧)に戻る