ブログの基本知識

ブログのテーマどうやって決める?ビジネスなら応援したい業界で決めよう!

ブログのテーマを決めるのは難しいですね。先にまとめから入ると、

・継続できること
・やっていて楽しいこと
・収入になること

あなたにとってこれらの条件をそろえたテーマを扱うのが良いと思います。

条件が合わないテーマだと「楽しいけど稼げていない」「稼げているけど全く面白くない」などの問題が出てきてしまいます。

 

そこで、今回はブログのテーマの決め方を考え方と具体的な手順をお伝えしてテーマ決めで迷わないよう説明していきます。

基本的には今一番はまっていることをテーマにするのがいいと思います。また、あなたが応援したい業界のことをテーマにするとビジネスに発展しやすくなります。

私は今までに5つほど収益の発生するブログを作りましたが、テーマの選び方で収入もやりがいも大きく変わってきますので丁寧に決めていきましょう。

記事を読むのが面倒な方は以下の動画をご覧ください↓

 

今、一番はまっていることをテーマにしよう

ブログのテーマにすべきは「今、一番はまっていること」が正解です。いろんな理由がありますが、成功率がめちゃくちゃ高いです。それを起点に社会的に応援したい業界のことを取り扱うと大きなビジネスに発展しやすくなります。

ここでは、はまっていることをブログテーマにするメリットを解説します。

 

学ぶことが辛くない

ブログのテーマとして頻繁におすすめされるのは、

・需要があること

・過去に取り組んだこと

・メインにしている仕事

などがあげられます。しかし、これらのテーマの選び方では少し味気ないブログ運営になりがちです。

 

ブログ記事を書いているとどうしても新しく学ばないといけないことがたくさん出てきます。今持っている知識や経験だけでは十分な記事を書くことができません。

商品を紹介する場合は「良さそうな商品を見つける」ところからスタートしますから、確実に商品について学ぶ必要が出てきます。

興味が無いことをブログテーマにしていたら興味が無い商品を買わないといけないことになります。さらに、興味が無い知識を学び、興味が無い経験を得るために動かないといけません。

こんな地獄は無いですよね(笑)自らの意思で動かないといけない分、就職して働くよりもずっと辛いです。

今、いちばん興味があることをテーマにすれば学ぶことも興味があることが多くなります。欲しい商品を買ったらそれがブログでの価値になりますし、その分記事の内容も良くなります。

 

コンテンツファーストな活動になる

前の記事でもお話ししましたが、メインとなる活動自体がコンテンツに変わっていきます。それをブログやTwitterなどのSNSで発信することでお客さんが集まるようになります。

メインとなる活動が面白くない人ほど、ブログ記事を増やすことに集中しすぎたり、ネタが無くなってもパソコンの前でうーんうーんって悩んだりします。

今はまっていることをブログテーマにすれば「書くこと無いならブログは後回し!」と考えることができます。

興味や好奇心の赴くままに活動してネタを増やしていくことができるので、コンテンツも自然に良くなっていきます。

 

「〇〇になりたい」と「ずっと〇〇をしていたい」

行動心理学の話ですが、大人になって成功する人と成功しない人の違いで面白い研究結果があります。

・「科学者になりたい」と言っていた子供は成長して科学者になる可能性が低い

・「ずっと科学をしていたい」と言っていた子供は成長して科学者になる可能性が高い

すごく深いですね。

 

ブログを始めようと考えたきっかけをもう一度確かめてみてください。「あんなブロガーみたいにお金を稼いで、たくさんの人にしたわれるようになりたい」って思ってブログやろうとしていませんか?

この感覚でブログに挑んで失敗した人を何人も見てきました。

 

成功する人は「これをずっとやっていたいから、ブログでどうにかならないか?」という考え方です。

つまり、今いちばんやりたいことをテーマにしてブログを始めたから収入が得られるようになっていったんです。

あくまでもブログはただの発信ツールで、ブログ記事を書くことに集中すべきではありません。メインとなる活動を収益化するために利用するものです。

※もちろん、私のようにメインとなる活動が「ブログだ」という人はブログでいいのですが…、これから時代を考えるとブログをメインにするのはお勧めしません。難しいし、先が長いとは思えないので。

 

ブログのテーマを決める手順

まずは、ブログのテーマとして使えそうなことをリストアップすることから始めてみてください。どれが一番良いかを考えるのは後にして、思いついたものを全部書き出します。

以下のような考え方で思いつく限り出してみてください。

・習慣的に時間を使っているもの

・これからやってみたいこと

・1年以上取り組んでいて今もやってること

私の場合は、ゲーム、料理、音楽、ブログ、ダイエットなんかが当てはまります。このブログは「ブログ」をテーマにしていますね。

できるだけ5個以上出してみてください。

書き出したらその中で1番「やっていて楽しいこと」を選んでください。知識が多いとか、経験が豊富とかは無視して、とにかくやっていて楽しいことを選びましょう。ここがポイントです。

ちなみに、今後はまっていることは変わる場合の方が多いので「このブログはこのテーマだけ書く!」なんて決めなくて大丈夫です。やりたいことが変わったらブログのテーマも変えられるようにしておきましょう。

 

まずは1つのテーマでやり切ってから増やそう

ブログのテーマは複数になってもOKです。ただし、1つ決めてやり切ってから次に行った方がいいです。

理由としては成果が出るまでのスピードが早くなることと、やることは少ない方が深い活動ができるので記事の質が良くなります。

だから1番やっていて楽しいことをブログテーマにするべきなんですよね。もし、1番でないものを選んでしまうと、やりたいことをやれない期間ができてしまってストレスが貯まります。

ブログを挫折してしまう原因にもなりますので、まずは1番やりたいこと1つに絞ってブログテーマにしましょう。

 

稼ぐことを目的にするなら雑記ブログは無し

日常の思ったことや出来事を書いていくブログを「雑記ブログ」と言います。日記とか、検索キーワードを気にしないで書くブログですね。

趣味でやるならいいですが、稼ぐことを目的にするなら雑記ブログではいけません。

誰かの役に立つ記事を書き、関連の深い他の記事がたくさんあるブログならたくさんアクセスが入ってきますが、雑記ブログはアクセスが入ってきません。アクセスの無いブログに広告を貼っても報酬は発生しません。

本気で稼ぎたいのであれば、まずはテーマを1つに絞ってやり切ってください。

 

ドメインは実名かペンネームにしよう

ドメインとは「〇〇.com」のようなアドレス・URLのことです。

ドメインは実名やペンネームにちなんだものにして、テーマとは関係を無くしてください。こうすることでいろんなテーマを取り扱えるブログになります。

私は以前、テーマとドメインに関連性を持たせてしまって、他のテーマを取り扱いにくくなってしまったことがあります。

時間が経ってテーマを変えても大丈夫なように、ドメインは名前とかペンネームにちなんだものにしてください。

 

商品と報酬からテーマを考えるのも重要!

あまり深く考える必要はありませんが、販売する商品からブログテーマを考えるのも1つの手です。あなたが心の底から「できるだけお金が稼げるジャンルをテーマにしたい」と考えているならこの方法が合っています。

以下のような考え方でテーマを探してみてください。

・報酬単価の高い商品があるか?

・商品の種類は多いか?

・検索数は多いか?

後でご説明しますが、広告からの報酬が高い商品やジャンルがあります。意図的にそのジャンルを狙い、勉強しながら記事を書いたり活動していくという方法です。

よく検索される需要が高いテーマを選べばアクセスも多くなるでしょう。

しかし、その分競合も増えるということは覚悟しておいてください。世の中にはお金への欲求だけで動ける人は結構いて、そういう人たちがひしめく市場に参入することになります。

やりがいや楽しみを求めているならおすすめしません。お金のために人生の削ることになりますから、本当にお金が好きな人だけこの方法を使ってください。生活する分稼ぐくらいなら、そんなことをしなくても稼げるので安心してください。

 

【結論】今、現在、一番はまってることが良い

まとめると結局「今、一番はまっていること」をテーマにするのが良いです。やっていて楽しいことをメインの活動にしてください。

お金を稼ぐこと自体が楽しいなら報酬が高く需要のあるジャンルを扱ってもいいでしょう。ただ、こういう人は多くないのでご注意ください。「お金が欲しい」とは思うものの、やりたくないことはやりたくないという気持ちも大事にしてください。

高単価報酬の広告がなくてもAmazon&楽天のアフィリエイトで十分稼ぐことができます。

収入やお金に縛られて本当にやりたいことを犠牲にしてしまうのは人生がもったいないです。今一番はまっていることをテーマにして、やりたいことが変わったらテーマを変えながら、自分にブログを合わせるようにやっていきましょう。

やりたいことをやっていれば、最終的には自分の商品を作って販売するのも楽しくなります!ということで今回は以上です!

→トップページ(カリキュラム一覧)に戻る