記事の書き方

ブログ記事は見出しから書く!経験と知識を使って内容を整えよう

記事を書いていて何が言いたいのかわからなくなったり、無駄に文章が長くなったりしたことはありませんか?私は初期のころ何度もそんな状態になりました(笑)

ブログに限らずプロのライターさんでもいきなり文章を書く人はほとんどいません。「どう書くか?」を考える前に「何を書くか?」を決めてからスタートしています。

ブログで言うなら「見出し」だけで内容が伝わるような状態にしてしまえば、あとは見出し沿ってすらすら書いていくことができます。その方法を今回はお話ししていきます。

私はブログを始めたばかりの頃いきなり文章を書き始めていました。自由に読者さんに役に立ちそうだと思うことや、自分の言いたいことを書いていくのですが…

書くことが決まっていないと【自分の言いたいこと】が多くなったり、内容の流れや結末がわからなくなっていくことが多いです。途中で行き詰って、最後まで書けなくなってしまうんですよね。

それで最初からやり直し。こんなやり方をしていたらいつまでたっても記事が完成しないと感じました。

そこで、まずは見出しだけ箇条書きすることにしたら成功。見出しが決まっているとすらすら書くことができます。まずは見出しだけで内容が通っている状態を作るのがおすすめです。

 

見出しづくりの流れ

見出しづくりの流れをご説明していきます。

前回までに対策するキーワードを決めましたね。※まだ読んでない方はカリキュラムからどうぞ→カリキュラム

キーワードに隠れた悩みを洗い出していきます。あとで検索上位に表示されている記事の内容調査もしますが、まずは自分で予想してみて伝えられることを思いつく限り自分で書き出してみましょう。

投稿ページの新規追加に箇条書きでバンバン書き出せばOKです。読者に役に立つことは全部書いて、できれば体験談を1つ以上入れておくといいですね。

 

最初から競合調査してしまえば内容は完成しそうですが、それだとユニークさが出ません。同じことを書いても上位に表示される可能性は低いのでまずは自力で書くことを決めましょう。

また、先に競合調査をすると自分の中にある知識や経験を鮮明に描きづらくなります。マネすることがメインになってしまうんですよね。

ただし、何も思いつかない状態で長時間悩まないでください。悩むと挫折の原因になります。楽しく前向きな気持ちで「何か参考になる話あったかな~?」と考えてみて、無いなら次に行きましょう。

 

見出しの基本ルールとWordPressでの操作

それではWordPressでの具体的な操作をご説明しながら、実際に見出しを作ってみたいと思います。

 

見出しの構成を理解しておこう

見出しには階層があります。投稿ページの「段落」というドロップダウンをクリックしてみてください。

この画像では見出し1~見出し6まであります。実際に使用するのは見出し2~見出し4くらいです。見出し1は記事のタイトルに使われるものなので使用しません。

 

見出しの階層構造を守ろう

見出しを使うときには階層構造を守ってください。守らないとGoogleさんが困ってしまいます(笑)以下の図を見てください。

このように見出し2の中に見出し3を作り、見出し3の中に見出し4を作ります。

 

やってはいけないことは以下の2つです。

・見出し2の後に見出し4を作ったり飛ばしてしまうこと

・見出し2を使っていないのに見出し3から始めること

内容的にも、見出し2の内容を見出し3を3つ使って具体的に説明するというようにつながるようにしてください。

はじめはちょっと難しいと思うのですが、基本的には見出し2だけ使えばOKと考えれば気持ちが楽なはずです。どうしても文章が長くなって小分けにしたくなったら見出し3を使うと読みやすくなります。

 

見出しには自然にキーワードを盛り込む

対策するキーワードを見出しに盛り込むようにしてください。Googleが「そのキーワードに対する記事を書いてるのか」と理解してくれます。検索上位に表示されやすくなります。

ただし、むやみにキーワードを入れまくっても意味がありません。自然にできるだけ使っていくくらいの気持ちで入れましょう。読者が読みにくい記事になってしまったら検索順位は上がりませんのでご注意ください。

 

まとめ

というわけで、まずは自分の経験と知識、体験談だけで見出しを作ってみてください。読者さんの悩みが無くなるように、見出しだけで内容を作ってしまいましょう。できるだけ体験談を織り交ぜてユニークなものになるといいですね!

次からは競合調査をします!今回は以上です、お疲れさまでした。

→トップページ(カリキュラム一覧)に戻る